SEOを独学で学んだ素人が実践しながら検証するブログ

前職でネット担当を任され、SEOについて独学で学んできました。これまでの知識が実践に役立つか検証した内容をアップしていきます

記事も繋がりもゼロから始めたブログの開設から1か月のPVと内訳

このブログは検証結果を綴るためのものです。

メインブログとサブブログについて、本ブログでは取り上げていきます。

 

ブログ開設時の私はこんなスペックです↓

ストック記事も繋がりも全くゼロから始めました。

まずは、開設日から1か月経過後の結果です。

期間:5月22日~6月21日

 

 

PVの内訳です。

 

検索エンジンからの流入が半数を占めた為、自分ではまずまずの出だしだと思います。

1000PVを達成したかったけど、手探りであれこれ試しながらだったので

良しとします。

 

取り組みを振り返ります。

 

まず開設したのは専門ブログ

なぜなら私は、浅く広くこまめに人と繋がってサイト宣伝を続けて行く自信がなく

SNS等からの流入を見込めないだろうと考えたためです。

 

専門ブログの強みは

サイトの内容が統一されているので

記事を積み重ねることで、そのサイト自体が強化されていきます。

すると、検索エンジンは「このサイトはこういう分野の内容が詳しく書かれている」と

認識しやすくなります

また、関連性のある記事で構成されるので

1つの記事から関連記事をクリックし、その次の記事からまた関連のある記事へ・・・

というようにサイト訪問者がサイト内を回遊しやすくなります。

 

①1ユーザーが3つの記事を回遊していくか

②3ユーザーが1つの記事を読んで離脱するか

その違いが出ます。

 

SEOの観点からも

②より①の方が評価が良くなると言われています。

①は1ユーザーが回遊しやすい為、滞在時間が長くなります。

②の場合

1つの記事が長いものだと、それを読む訪問者滞在時間も長くなるとは思いますが

そこまで集中して1つの記事をじっくり読む人が多いとは思えません。

 

インターネットユーザーの集中力ってそんなに高いものでは無いと思うんですね。

なので、よっぽど有益な情報であるとか

サイト訪問者を惹きつける程の文章力であるとか

そういった記事が書ける人で無い限り、毎回ブログ更新していくのは

相当骨の折れる作業になってしまうのでは無いかと思うんです。

 

私とは反対に

多くの人と繋がって、沢山コミュニケーションを取って自分を知ってもらいたい!

という方にとっては②でいいと思うんです。

コミュ ニケーションをとる上で相手に興味を持てば

例えば知り合いがブログを更新すれば、「あの人がブログを更新した、読もう」

というように、読む心構えから入れるので読んでもらいやすくなります。

(後から知ったのですが、はてなブロガーには互助会という繋がりがあるそうですね)

 

という訳で始めた専門ブログですが、専門ブログだけも面白く無いだろうと思い

書きたい事ができたら、気軽に書けるブログもやりたいなということで

サブの雑記ブログも始めました。

 

こちらはまだ開設から一カ月経っていませんので結果報告をするにはまだ早いですが

少しだけ現状をお知らせすると

 

 

PV数は専門ブログの約半分ですが、現在の記事数も専門ブログの半分くらいです。

ただ、ブログ更新をしなかったりツイッターをやらないような日のPVは

ほぼ伸びません。

 

ということで、今回は開設時のお話でした。

次回は、開設から1か月の間

具体的にどのように運営していったかを振り返ってみたいと思います。

 

ブログ開設をこれからする方はこちらの記事もどうぞ

今回検証に取り上げている専門ブログ→石鹸洗濯一年生の奮闘日記

サブの雑記ブログ→5歳差兄弟とゆる母ちゃんの暮らしと子育てブログ